小松島西高等学校勝浦校様に野菜を提供していただきました

令和4年5月25日、小松島西高校勝浦校301HRの生徒さん10名と岩佐先生がかんきつテラスに来館され、出荷できない規格外の野菜を6次産業化商品の開発や試作に役立ててと、K-Friendsにたくさんの玉ねぎとにんにくを提供して頂きました。

勝浦校さんの野菜作りに対する取り組みを映像で紹介していただいたり、K-Friendsからは6次産業商品開発の流れとオレンジファクトリーの機器の説明もさせていただきました。

また混ぜご飯やみかんジャムなどの試食もしてもらい貴重なご意見をいただいたりと、短時間ではありましたがK-Friendsにとってたいへん実のある時間となりました。

頂いた野菜を余すところなく商品開発に活用させていただき、試食の際書いていただいたアンケート結果を真摯に受け止め、現在開発中の商品作りの参考にさせていただきます。

これからも勝浦校さんと一緒に6次産業化の視点から食品ロスなどの問題に取り組んでいければと思います。

301HRのみなさん、岩佐先生、本当にありがとうございました。

提供して頂いたたくさんの玉ねぎ

勝浦校の生徒さんの取り組みをスライドで紹介していただきました

いただいた玉ねぎで《ドライベジ》の新商品、作ってみました